ホーム>おいしいおはなし>ブログ>dancyu酒米食べ比べ
ブログ

dancyu酒米食べ比べ

何故この企画に、僕が・・・ですが。日本酒好きでもあるが、お米の中心部「でんぷん」がどのくらいの速度で吸水し、しっかり吸水し加熱された場合どの程度糖に還元され甘みとなるのか? 過去にとある酒蔵周りをしている方に各酒蔵に聞いて頂いたがはっきりした答えがなく、吸水時間も蒸しも経験と勘のようだったのでいい機会だと思い取材協力を受けました。

DSC_0279.JPG DSC_0273.JPG
DSC_0300.JPG DSC_0310.JPG
DSC_0307.JPG DSC_0314.JPG

11種の酒米を研ぎ吸水させ、蒸し上げる過程の中で水分、心白具合、胴割度合、吸水速度、蒸しあがり等々もチェック。生米は正直ここまで削ると食用のウルチ米ようには味の違いが無く、無味に近い。スタジオは火力がよかいので今一でしたが、1サンプル先にテストで送って頂いた山田錦を当店で蒸し上げた所「はっきりとでんぷんの甘みを感じた」数種の酒米の中で3品あった山田錦がやはり甘味が口に残った。 米屋目線ですが、本当に楕円で部分により硬さの異なる米を中心部だけ残せるのかという疑問もあった。まちまちの精米仕上がりであったが、やはり大手メーカーの酒米は機械が良いのか仕上がりはとても綺麗だった・・・・

まだ、たんぱくや雑味等々の疑問がすべて解決したわけでは無いが1つの良い体験をさせて頂いた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okomeno-funakubo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/108