ホーム>おいしいおはなし>ブログ

ブログ

穀検米食味ランキング

イクヒカリ.jpg

明日、2月13日に米の食味ランキングが発表されるにあたり、某テレビ局のニュース番組から取材依頼がありました。

特Aランキングとはなんぞや・・・名前だけが先走り。品質を選別し選定された各地域の威信をかけて送られたお米を「日本穀物検定協会」の判定方法により食味のランキングを特A、A~B`などでランキングするのです。無作為に地域のお米を鑑定し、平均点をとったものではありません。産地から送られてきたお米を鑑定しその結果が全て地域とその品種のランキングとなってしまいます。

鑑定のお米が特Aと評価されるとその地位全てが特Aランクとなってしまう為、その地域その品種全てが美味しいと消費者は誤解してしまいます。

消費者はそんなに美味しいなら食べてみようと購入し、好みに合えば良いがそうでなければクレームとなる。「上記の通り答えていいなら取材に応じます・・・」と言ったら没bomb

こんな事でお米の消費や消費者の見る目を養うとは思えない。たとえランキングが低い地域でも美味しいお米を作る生産者もいるし、逆もある・・・鑑定をする事が悪い事ではないが、きちんと伝わらないと不信を招く。

特A ・A ・ A` ・ B ・ B`のランク分けだが出品されていない品種も当然あり、全てが特A~A`でBは無い。という事は日本のお米は全ておいしい事になるのです・・・coldsweats0124年産も同様

福井若狭のイクヒカリ試食・・・

口当たりは軽く、噛むとややモッチリ。おかずはオールマイティーに合いそうなご飯ですが、コシヒカリのような旨味の余韻はありません・・・大きな特徴はないお米ですが無名のお米でもそこそこ旨い!

次回は同じ生産者のお目当てのお米、「あきさかり」の試食・・・

 

生産者とお米を使って頂いているお店訪問

IMG_20140117_142615.jpg 会津の生産者ご夫婦佐原さんと、お米を使って頂いている江戸川区平井の魚政さんをご訪問。本マグロなども頂いた後に、うな重を頂いてきました・・・昨年の春に今使っているお米の味に納得が行かずご連絡を頂いてからのお付き合いとなります。
IMG_20140117_140411.jpg 勉強熱心な魚政の若旦那。炊き上がりの状態とうなぎの相性で納得いかないとちょくちょく電話を頂きます。今は釜も替えて、チョット釜に小細工を加えて炊いて頂いています。お客様の評判も上がったようで良かったです。

 

きたくりん・つぶぞろい、新品種試食

新品種.jpg

●北海道きたくりん・秋田つぶぞろい、秋のきらめき 等々の試食

きたくりん→ひとめぼれより更に軟らかく粘りが強い。冷めてもOK。甘みや旨みは薄く少々淡白な味わいだけどこれは施肥設計による栽培でも変わるところですが、もりもりと食べるにはいい・・・肉のみそ炒め等には良く合うご飯。 【販売中】

つぶぞろい→粒張りが良く、ふっくらと炊き上がる。吸水も早く熱の入りも早いので忙しい方や飲食店にも良いかもしれない。硬くなりにくいのでこれもお弁当にも〇!淡白な味わいはきたくりんと同じだが、炊き上がりの粘りはさほど強くないのでこれも飲食店でも扱いやすく、冷めるとモッチリとしたつや姫のような特徴もある。【販売中】 27年産本格デビュー

秋のきらめき→炊き上がり、食感、味共にどっちつかずの為一時販売見送り。【販売中】 

新品種は栽培する方も、その品種と土壌との相性や天候との関係による施肥設計等を試行錯誤し安定した食味となるには3年程度の年月が必要となります。出たばかりの品種を試すのも良し、デビューして3年5年経過して安定した味わいのお米を選ぶのも良し。ただ、今の所本当に極上品質のコシヒカリの旨みや甘みを持つ新品種は少なく、食感を好みで楽しんで食べるお米が多い事も事実です。でも、和食を世界に発信するなら和食の要のお米の味わい方をもっと日本人が楽しんでもらいたいと思います・・・

 

東京"粋な"ごはんグランプリ

東京ごはんグランプリ.gif

IMG_20131215_155053.jpg

審査結果

★グランプリ 福島喜多方 只浦 義弘さん コシヒカリ

★準グランプリ 長野飯網町 中俣 孝志さん コシヒカリ

          新潟魚沼  JA北魚沼 コシヒカリBL

★優良賞 茨城県笠間市 鈴木 明さん コシヒカリ

       茨城県久慈郡 大野 幸作さん コシヒカリ

       新潟県魚沼 JA北魚沼 コシヒカリBL (SS)

敢闘賞18点の中に当店取引の生産者、秋田象潟の須田くんのお米も入選しました、おめでとうございます。

IMG_20131215_104047.jpg

12月15日東京ごはんグランプリの最終審査が行われました。他のお米コンクールとの違いは、349点の応募米の中から1次審査から全て「ペロメータ」機械に頼らず全て炊飯して食べて審査した事です。東京のお米マイスター各点で1次審査を通過した2次審査で2日間の試食審査で24点に選考15日3次審査で6点に選考され最終審査となりましした。最終審査員8名の中に私も最終審査員として審査させて頂きました。審査員でしたので当然どの産地のどの品種か、誰の米かも全く知らされず、最終の6点を審査しています。個人的に良かった米はこの中に2点有りました。結果は新年早々の発表です。 。。。。

今回驚いたのは、2次審査に残ったお米全てのブレンド米。これがなかなかの食味。恐るべしブレンド米・・・

 

呉の土井鉄

 

 IMG_20131115_001019.jpg 何故か酒蔵では最高の酒には自分の名前を付けるそうでそれにしても「呉市の土井 鉄さん」と云うことだがスゴイインパクト。酒も濃かったが雑味の無いまとまりの良い酒だった。米の生産者の人達も、最高の米には品種など謳わず自分の名前をネーミングにするのも良いかもしれない。

 

産地視察終了。もう直ぐ新米入荷!

IMG_0360.JPG IMG_0374.JPG
IMG_0489.JPG IMG_0545.JPG
IMG_0499.JPG IMG_0034.JPG
IMG_0061.JPG IMG_0124.JPG
IMG_0201.JPG IMG_0185.JPG
IMG_0243.JPG IMG_0248.JPG
IMG_0271.JPG IMG_0139.JPG
 IMG_0431.JPG IMG_0436.JPG

今年も多くの産地の方にお世話になりました。1日3ヵ所の日もあったので宿泊できない産地も多く「えっ~泊って飲んで行かないの・・・」と云われると申し訳ない半面有難く思いました。今年立ち寄れなかった所もあるのですが、来年行きます。

田んぼに入り、稲をながめるだけでなく土をなめ、根を見て分解し茎の状態や葉の状況を見て上がって来た米とご飯での確認をする。こんな雲をつかむような事を初めて十年以上経ちました。いまでも、付き合いの浅い産地では遠慮気味に田んぼに入っていますが半信半疑の目で見られる生産者も方も居ます。

十数年が経過し、確実にこんな毎年違う天候の中で美味しい米を育てられる生産者の方達の努力と結果に脱帽です。震災・原発事故とまだまだ多くの問題や将来ビルの中で米も育てられれてしまう時代が来る事も予感しています。でも、今年の産地周りでも確信したのが技術だけでなく生産者の想いが無いと美味しいお米は育たないと云う事です。1粒の種から2,000~3,000粒のお米が稔ります。米作りが大好きな生産者の方達に囲まれている事に感謝です。

東北巡業産地視察2週目

IMG_0341.JPG

秋田大潟村、ここに通って13年。最初の9年は取引出来ませんでした。今はみんな成果を上げ良い米を育ててくれています。人の努力ってすごい・・・

IMG_0401.JPG

昨年、一昨年の稲の状態・収穫されたお米からご飯の特性を伝えそれを再び栽培に生かされているかの検証を何年も続けてやっと田んぼで契約できるお米が上がって来ます。

IMG_0443.JPG

秋田の農業試験場。高温障害の実験室や新品種改良のハウス色々と見学させて頂き、山ほどの質問をして来ました。丸一日居たかったけどタイムアウト。多くの産地の圃場でやって来た事が確信できました。

IMG_0450.JPG

試験圃場。稲も抜かせて頂き様々な角度から意見交換。今後、新品種やその他のご飯から見た改良に携わらせて頂く事となりました。今後が非常に楽しみです。お世話になりました。

IMG_0472.JPG

奈曽の滝。この伏流水が下の須田君の田んぼのお米を育てています。水はとても美味しく冷たい。だからお米を育てるのも良さと冷たい水の大変さの両面を持っています。

IMG_0508.JPG

今年の須田くんの田んぼは、絶好調・・・やっとやり続けてきた努力がお米の味として出てきそうです。今年期待の出来るお米です。数年ぶりの奈曽の伏流米復活できそう・・・

IMG_0502.JPG

鳥海山が直ぐ後ろに、、、素晴らしいロケイションですがその分自然の荒々しさもある地域です。

IMG_0496.JPG

仲間の生産者も訪れ、一緒に検証。

今年の稲、いいんじゃないscissors

IMG_0520.JPG

庄内鶴岡、つや姫。本来あまり庄内のお米は入れないのですが、菅原さんの栽培は結構いい・・・

IMG_0522.JPG

頑固そうな菅原さん、でもいい人なんですよ。地域の作りとは違う栽培で品質をアップ。

IMG_0531.JPG

山形鮭川、川沿いの肥沃な圃場と良質な水が美味しいひとめぼれを育ててくれます。

IMG_0535.JPG

昔は寒過ぎてあきた小町しか作れませんでした。今年は豪雨と日照が少し不足しましたが、横山さんの努力で人気のひとめぼれが上がって来ると思います。

IMG_0541.JPG

もう20年位のお付き合いになる加藤さん。置賜に近い飯豊で、アイガモを使った農薬を使わないコシヒカリを作ってもらっています。

DSC_0378.JPG

こちらは、はえぬき・・・見て解るように非常に背が低い稲何です。

IMG_0327.JPG

秋が近づいていました。

IMG_0516.JPG

日本海の夕日、お日様に感謝です。

今回は先週と打って変わって、暑い暑い。でも昨年よりトンボも多く見かけ確実に秋が昨年より早い事を感じます。当然稲の生長の仕方も昨年とは違います。先週に引き続き多くの清さんの方達にお世話になりました。そして毎晩たらふく飲みました。今回は走行距離1600kmでした・・・smile

直江津→野沢→魚沼→会津→東京

IMG_0153.JPG

富山で精米機メーカーに立ち寄り新型機の精米テスト・・・

IMG_0199.JPG

新潟直江津で笑みの絆(すしに向くと云われるお米)視察

IMG_0206.JPG

秋田の生産者も呼んで直江津で合流、一緒に長野へ向かう

IMG_0212.JPG

山越えして向こうの野沢温泉村へ向かう・・・

IMG_0228.JPG

ダイヤモンド褒賞受賞者の高橋さんから、秋田の若手生産者へ伝授・・・強面の高橋さんも生産者には優しいなぁ

IMG_0237.JPG

長野の新品種 風さやか・・・

IMG_0253.JPG

前日夕方と朝の圃場視察と、勉強会を終えて魚沼へ。こんな事を繰り返しながら各産地のレベルが上がって行くのが楽しみです。

IMG_0269.JPG

再び新潟入り、魚沼津南の石橋さんの田んぼへ・・・

IMG_0267.JPG

なんか移動中は雨なのに、田んぼでは青空とはいかなくても何とか雨が上がる・・・なんか着いてるかcoldsweats01

IMG_0313.JPG

そして秋田の生産者を駅に落として会津へ。今年はもう一度こなくてはならない。何故かって・・・正直放射能測定をかなり厳しく自主検査しても売れ行きは悪い。だから最上レベルの米を育ててもらわないと田んぼがダメになってしまうから。

 

       IMG_0305.JPG このすっとんキョな笑顔のオヤジが山田さん。もう14~15年のお付き合い。今は少しづつ息子の宗が当店に来る田んぼの管理をしています。

 今回の視察は、走行距離2100kmでした。本当は1日1カ所でジックリと視察したいのですが今年も全ての生産者の所へは廻りきれなそうです。日曜日の深夜から秋田・山形へ向かいます。

富山入り

豪雨の隙間を縫っての産地視察となってしまいました。この数年は暑くて雨が降らず大変でしたが、今年は22~23度。次の台風もあるので今年は刈取りが遅れそうです。これから新潟・長野へ向かいます。

IMG_0146.JPGIMG_0112.JPG

今年も産地視察スタート、、、でも初日から豪雨

東京を0時に出て、どんどんすごい豪雨の中に突入。なんとか田んぼに居るときは雨はのがれられましが、移動中がとんでもないどしゃ降りでした。刈取りが遅れそうな予感・・・IMG_0039.JPG

IMG_0059.JPGのサムネイル画像 兵庫丹波の宮垣・高見さん
IMG_0031.JPGのサムネイル画像 京都丹後の山口・伊達さん