ホーム>お米のお話>過去の産地情報>H20夏 産地視察
過去の産地情報

H20夏 産地視察

 今年は、台風の直撃も無く昨年のような9月の残暑も激しくなく良い年になるかと思ったのですがとんでもない・・・・

 DSC_0070.jpg

 

何がとんでもないかと言えば、空梅雨のような7月から一転昨年のような猛暑かと思ったら、西を中心にゲリラ豪雨!産地視察中に行きに立っていた稲が、帰りにはべったりと倒れているなんて光景を何度も見ました。せっかく昨年と違い8月のお盆過ぎには、夜間気温も下がり稲が昼間は沢山の陽を浴びて夜はしっかりと休める環境なのに、そのゲリラ豪雨が9月には東北へ移動、秋晴れが全く続かない日々が9月一杯続いてしまいました。通常さわやかな風が吹く長野の8月も湿度が高くて何とも蒸し暑い病気の起こりやすい天候だったりと「やっぱり異常ですね・・・」そんな中でも、8月2日から毎週毎週回った産地の生産者の方達の技術力の向上を今年ほど実感した年はありませんでした。

でも、これだけ熱心な生産者に囲まれている当店としては、本当にありがたいことです・・・・
感謝!感謝!です・・・