ホーム>店舗紹介>おむすび結庵東京駅店>おむすび結庵 東京駅店 出店ストーリー
おむすび結庵東京駅店

おむすび結庵 東京駅店 出店ストーリー

 P2110006.JPG東京  DSC_0463.JPG東京2
 P9200002.JPG東京3  スライドショー2-71.jpg

お米作りも、 おむすびを握ることも「その人の性格が(生き方が)味に出ると私は思っています。」

2009の夏、JRさんより出店のお話を頂いて即、お断りしました。365日無休で狭い厨房と駅中の特殊環境、空調から水、ガス圧、そして器具も思った物が使えない環境の中で「当店の提供したいおむすびを365日営業するのは無理だからです。」当店のおむすびは、炊飯から握りまで「誰でも出来るものではなく、職人的な経験と技術が伴わないと無理だからです。・・・・」何度も担当者の方が通っていただき、ご連絡も頂き、当店のコンセプトと品質が提供できるよう様々な努力をしていただきましたが結局、11月の末に最終のお断りを致しました。その時、この東京駅エキュートの責任者の方から今回のコンセプトの「日本Re-STANDARD」の中心的食材のお米「ごはん」をやはり「駅中で本当に美味しいご飯は出せないんですね・・・」と云われそこまで当店の事、そして私達を必要として下さっていることに対し、そこから無理難題を克服する為の試行錯誤がスタートしました。

OPENして現在も、恥ずかしい話。当店は、接客やオペレーションはズブの素人でお客様にご迷惑をお掛けすることもございますが、当店のおむすびと、当店のポリシーを理解してくれている素人スタッフです。これから技術も接客も磨きながら「日本人でよかったと思えるお米・ご飯・おむすび」を提供させて頂きます。 

 DSC_0465.JPG

2010.3月28日東京駅丸の内南口構内「サウスコートエキュート内」におむすび結庵東京駅店をOPENしました。駅構内という特殊な環境の中で、様々な規制がありますが、東京のど真ん中でお手軽に「手間を惜しまずきちっとした仕事のおむすびをお手軽にお買い求め頂けます。」  年中無休 8時~22時