ホーム>お米のお話>精米状態の違い>匠搗精米【お米の旨み、アミノ酸を残した精米】
精米状態の違い

匠搗精米【お米の旨み、アミノ酸を残した精米】

匠搗精P.jpg

良質な発酵肥料、良い土できちんと手間をかけて育ったお米は良質のアミノ酸を抱えています。そのアミノ酸を残す精米を丁寧にゆっくりと精米する事で残しています。胚芽もやや残っていますので旨味と栄養のあるご飯を炊き上げる事が出来ます。ただ、粒もふっくらとしたつぶ揃いの米だけですので芯まで十分に吸水をさせて下さい。それによりマルトオリゴトウも増え更にうまみが増します。 欠点はジャー保存が苦手です。炊きたて又は状態の良いうちにラップに包んで冷蔵庫へ・・・詳しくは→

匠搗精米.jpg