ホーム>リンク集>リンク集 米食味鑑定士・ごはんソムリエ
リンク集

リンク集 米食味鑑定士・ごはんソムリエ

c_fn000224_7_01.jpg

皆さんはお米マイスター、米食味鑑定士、ごはんソムリエをそれぞれ耳にしたことはありますか?聞いたことがある方は少ないと思います。

お米について正しい知識をより広く伝えるためにはプロフェッショナルの育成が必要なのです。そこでこの3つの資格の紹介をしたいと思います。 

 

riceball お米マイスターとは

マイスター、ドイツ語で「巨匠・師匠」の意味です。職人の国ドイツでは、優れた技術者を育てるためにマイスター制度を設けて、厳格な運営をしてきました。お米マイスターは、日本米穀小売商業組合連合会が主宰する、お米に関する専門職経験がある人のみに受験資格がある、いわば、お米の博士号とも言える資格です。この資格は3つ星お米マイスター「3年以上の米穀実務実績と学科試験」を取得しその後、実技試験や評価課題の5科目に合格した者が五ツ星お米マイスターを取得でき2年に一度、新しい知識向上の為に更新講習が義務付けられています。

riceball 米食味鑑定士とは

日本の食文化を守り、昔から築きあげてきた水田、稲作を守り米の食味や栽培方法を確認しラベルやその他において自己責任を明確にすることにより一層の品質の向上を促進し、価格と品質のバランスの取れた信憑性の高い安心で美味しいお米を消費者に提供することなどを目的とした資格です。

また、日本の歴史的経緯や機能からみて、水田がいかに重要であるか、消費者にお米を通して日本の稲作文化、米文化を伝え、支えることを目的にしています。

riceball ごはんソムリエとは

お米の産地や銘柄に関する知識や炊飯技術やごはんの栄養学などの幅広い知識を有し、さらにおいしいごはんを見分けられる専門家の事を言います。お米の品種や食味はもちろん美味しいお米の見分け方や炊飯の科学、ご飯の栄養分と健康との関係など、ご飯に関する様々な知識を身に付ける必要があります。

外食産業向けに米飯を提供する事業者によって設立された日本炊飯協会が認定する資格です。原則として生のお米に関するエキスパートであるお米マイスターに対して、ご飯をより美味しく食べるための知識や技術を広めることを目的としています。


 c_fn000224_1_02.gif

以上のようにお米や食に関する資格はいろいろあるのです。当店は五ツ星お米マイスターやごはんソムリエ、米食味鑑定士の資格を持っている米屋です。

しかし、資格が大切な訳では無く、経験やどれだけ多くのお米を炊飯し食べているか、そして栽培に関しての知識や経験も大切だと思っています。毎年数百のお米の食味テストの依頼を受ける一方、お米の食味コンクールの最終審査員なども務めています。ですから当店では安心、安全なお米を提供することができるのです。気になった方は是非、利用してみて下さい。