ホーム>お米のお話>2014今年のお米の出来は>2014産地視察とお米の品質
2014今年のお米の出来は

2014産地視察とお米の品質

今年のお米の価格は、農協の買い取り価格が暴落したのを受けて大量流通のお米は下落しました。やっとほかの食材同様に安いものと高いもので5倍前後の価格差となってきました。安いものでは白米1㎏180円~高ものでは1200円以上のお米まで選択するのは消費者の方達です。

今年は、全国的な日照不足が品質には致命傷を与えています。お米が光合成をしてきっちりと根から栄養を吸い上げてでんぷんを蓄積できなかったからです。ここ数年の猛暑対策の肥料のやり方をして専業農家でない為に、時期によって手間を掛けられなかった農家は致命傷でした。その上米価が安い為に選別もしっかりしていない。痩せた味のないお米が一般米では多いようです。

当店の生産者もこの日照不足では大変な思いをしましたが、有機質の堆肥と田んぼにじっくりと寝かせることにより他の一般の田んぼのお米よりは良質でした。とはいえ、正直極上のお米かといえばそうは言えないものもあります。ただ、シッカリと選別をして品質と価格のバランスを取りました。今年はニューフェイスも多く入荷します。当店の自慢の生産者の新米を味わって下さい。

肥料が高騰した時に、安価な化学肥料に流れ食味より収穫量を追うことで味のないお米が増えました。来年はその時よりさらに拍車がかかると思います。

IMG_1077丹波1.JPG

兵庫丹波宮垣さんのコシヒカリ。日照不足で背丈の低い状態でした。

IMG_1097丹波2.JPG

この後の日照りに期待。3日照ってくれればな・・・

IMG_1144.JPG

京都丹後の伊達さん。日照もやや足りませんが

今年は良い出来な感じ・・・

IMG_1186.JPG

丹後の山口さんのコシヒカリ。これも良さそう。

 

IMG_1214.JPG

福井越前町であきさかり新品種の視察

IMG_1241.JPG

福井の農業試験場に寄らせて頂き、いろいろと勉強。

IMG_0980.JPG

福井県の農業試験場。契約生産者の田んぼ同様チョット

1株抜かせてもらい検証。

IMG_1268.JPG

富山島倉さん夢ごこちの田んぼ

 

IMG_1249.JPG

富山島倉さんのコシヒカリ。今年は涼しく曇りも多い為1週間遅れかな

IMG_1303.JPG

野沢温泉村の高橋さん。

IMG_1312.JPG

今年の野沢もちょっと稲の茎が細いかな、このまま晴が続いて・・・

IMG_1321.JPG

日の出前の野沢・・・

IMG_1329.JPG

栄村の夜明け

IMG_1336.JPG

栃木塩谷の川上さん

IMG_1378.JPG

会津やまだずのJr

IMG_1394.JPG

会津の3軒の農家で今年の出来を検証

IMG_1400.JPG IMG_1402.JPG

IMG_1429.JPG

今年登場、山形置賜農薬不使用つや姫

IMG_1437.JPG

山形鮭川村 横山さんのひとめぼれ圃場

IMG_1455.JPG

秋田の農業試験場2年目の視察。新品種の栽培特性

だけではなく品種特性・施肥設計・現在の課題取組だけ

ではなく、消費地の現状や炊飯特性から見た品種改良

etc多くの情報交換をして、来年の約束をして立ちました。

IMG_1476.JPG

秋田大潟村佐藤君の無農薬おばこの圃場。無農薬としては

いい出来でした。今年お目見えするかも・・・

 

 

IMG_1496.JPG

圃場周りをしていると、あっという間に時間切れ・・・

夕日の右側に飛行船が飛んでました。明日の朝残りの

圃場を回って宮城へ・・・

IMG_1517.JPG

富田君の特栽ゆめおばこ、昨年より良い感じ・・・

いけてない田んぼもあったけど又来年の課題です。

 

IMG_1528.JPG

なんとも山の中は気持ちがいい、今年はお米は受難の

年ですが、今後は生産者によっての品質格差が更に

開いてくるでしょう・・・

IMG_1554.JPG

宮城県鳴子のササシグレ。ササニシキの前の世代の

お米です。今年は鳴子のひとめぼれも入荷します。

稲の感じからすると、とても味のあるお米ですよ・・・

今年も、多くの生産者の方たちにお世話になりました。現在の所すべての産地を回り切れておりません・・・・

今年は、台風と吹き返しの熱風日照不足に加えて米価の大暴落と生産者の方達のやる気をそぐ事ばかり

数年前に肥料の高騰があってから、産地周りをして道すがらの知らない方の田んぼの稲の色合いや上がり方

稲の様子が変化してきました。それは猛暑だけではなく米価の下落と肥料の高騰によるコストカットが原因だと

思っています。震災後高騰した米価から元に戻ったのではなくさらに下落。来年は肥料も手間もカットしたお米

が育つと思います。今、飼料米その他の用途のお米を栽培する農家さんが増えてきました。

手間をかけている農家さんほど食べて喜んでもらえるお米を育てたいと思っています。でもそのコストは食べ手

の消費者が納得してコスト負担をしなくてはなりません。近々では値上がりすることは無くても安心でおいしいお

米を食べてもらうには市場にじゃぶじゃぶあるコストカットしたお米と手間とコストを掛けて育てられたお米の違い

を、産地名や品種キャッチフレーズにごまかせることなく選択できる消費者の目と舌も必要だと思います。

そんなことから、当店では品質を維持できる価格で来年の為にも契約農家さんから買い上げる予定です。量販店その他のように相場で上げ下げするお米は仕入れていませんので、安心して食べて頂ければと思います。