ホーム>店舗紹介>おむすび結庵東京駅店>おむすび結庵 東京駅店 退店致しました。
おむすび結庵東京駅店

おむすび結庵 東京駅店 退店致しました。

2018年3月31日をもちまして、東京駅を退店させて頂く事となりました。

お客様におかれましては、8年間ご愛顧いただき有難うございました。

 

駅中でおいしいご飯を提供したいという当時のJRさんからの半年間のオファーに対しチェーン店でない

当店では、365日長時間の手作り営業は覚悟を決めて入店させて頂きました。

今後、東京オリンピックを控え又、駅中運営の経営方向などの変化から更なる量産等は現場での手作り

では味・品質、スタッフの体力や労働環境等も含め継続は困難と判断いたしました。

その間にも、高島屋さん新館などからもオファー頂きましたが職人的な当店の運営スタイルからは年中無

休営業そしてガスの使えない施設は、本来の美味しいご飯をその場で炊飯する事も出来ずお客様を裏切る

結果にもつながりかねない為お断りして参りました。

多くの方においしいご飯をという事は叶わなくなりますが、清澄白河にて新たな展開をしております。

今後は、下町の小さな店舗としてお結びだけでは無く、高級では無く普通に美味しい炊きたて

ご飯をご提供し、日々の中で普通に飾らない和食をご提供出来るようにしてまいります。

 東京駅を退店し10ヵ月、皆様からmailやわざわざ清澄白河までのご来店頂くなど感謝しかございません。

 年に1~2度のご利用のお客様からも年末行った時に、楽しみにしていたのになかった等々の残念がって頂けるお客様からの

 mailも未だに頂きます。 当店は米穀店でもあり多くの飲食店様をサポートさせて頂きながら思う事は、「売り上げを上げ

 る事により手間暇が掛けられなくなったり、有名になる事で当初のポリシーを失ってしまい目の前のお客様をガッカリとさせ

 てしまう事」これだけは避けなくてはいけないと思っています。

 多く売れる事で食材の回転が良く品質の向上につながる事も有れば、それを超えてしまうと職人としての手作りが不可能に

 なってしまう面とを持ち合わせています。 機会がございましたら清澄白河に足を延ばして頂ければ幸です。