ホーム>お米のお話>産地視察状況

産地視察状況

2015産地視察

9月2日AM途中豪雨の中、 静岡ぬかどっこさんからスタート 9月2日夕方、兵庫丹波到着 刈り取り入り始め・・・ 日が落ちる前に小雨降る中 宮垣農産圃場視察中・・・ 今年の品質だけでなく、圃場を見て 来年の課題も話し合い、飲み会へ 9月3日早朝今日も曇天・・・ ...... >>続きを読む

2014今年のお米の出来は

今年のお米の価格は、農協の買い取り価格が暴落したのを受けて大量流通のお米は下落しました。やっとほかの食材同様に安いものと高いもので5倍前後の価格差となってきました。安いものでは白米1㎏180円~高ものでは1200円以上のお米まで選択するのは消費者の方達です。 今年は、全国的な日照不足が品質には致命傷を与えています。お米が光合成をしてきっちりと根から栄養を吸い上げてでんぷんを蓄積できなかったからです。ここ数年の猛暑対策の肥料のやり方をして専業農家でない為に、時期によって手間を掛けられなかった農家は...... >>続きを読む

過去の産地情報

今年は、契約生産者の方達の想いと信頼を今更のようにヒシヒシト感じた産地視察でした 2013 産地視察終了。この数年の熱波の産地視察から、今年はとんでもない豪雨と熱波の9月でした。正直、多くの地域を車で移動しながら見ていると全体として今年 のお米の品質は非常に落差のある物となりそうです。精米、選別の技術が進んでいるので皆さんが目にするお米は一見綺麗かもしれませんが、食べてみると何と なく美味しくないといものも全国的には多く出回るかもしれません。 今年心配なのが、秋田の富田君のひとめぼれ!10年目...... >>続きを読む

これから期待の若手達

  【頑張ってる若手生産者応援米】地元の友達が、会社に就職する中、農業に真剣に取り組み続けている、若手の生産者達です。不景気なったから実家に戻ったんじゃない!農業が好きだからやってます・・・ 技術レベルも、経験もまだまだ当店のトップクラスの熟練生産者には及びませんが、情熱と行動力吸収の速さはサスガ。昨年のダメだしにもめげづに今年は「かなり上等な米が少量ですが出来ました。美味しいよ・・・」 秋田象潟の須田君のコシヒカリ。しっかりとしたコシと旨みのあるお米です・・・ 始めて須田君のお米...... >>続きを読む