ホーム>お知らせ

お知らせ

新米入荷時期・産地視察報告

今年の新米入荷は1~2週間遅れますが、今年の天候の場合稲が元気であれば田んぼで少しでも登熟を進めないと、米に厚みがなく味ものらないため契約産地にはぎりぎりまで田んぼに寝かせておいてもらうことにしています。
28年産も少なくなり、新米まで販売停止をするお米も出てきております。ご迷惑をおかけしますがもう少しお待ちください。
 
西側では高温と豪雨、北陸より北ででは8月の日照不足と低温がひびき、生育は1~2週間遅れていました。田植え時期や品種によりやや異なりますが、8月の天候が悪いと穂に実がつく数やお米の粒の長さ、幅が細くなって一回り小さい粒となってしまいます。9月の天候回復により持ち直した部分もあのますが、9月は実った粒の胴回りが膨らむ時期の為この時期に粒数が増えるわけではない為収穫量はやや減ってしまう傾向です。 天候に恵まれた年では、お米の品質に努力をして技術の高い生産者とそうでもない生産者での食味や品質の差は小さくなりますが、天候の悪い年ほど良いお米と悪いお米の同一地域での生産者での品質の差は大きくなります。
毎年産地に回り何をしているかというと、生産者と顔を合わせて話すことが一番大切ですが、十数年前は基本的な土作りや肥料設計や乾燥調整に対しての品質向上など米作りのベースとなる技術を毎年ワンランクアップするよう積み重ねてきましたが、現在は付き合いも長く皆さんベースの技術は高い為、現在は今年のイネ「土、根、葉」と天候をみていつごろの刈り取りを適期としてコメを刈り取ってもらうかを話したり、「稲の状態と天候で1週間の刈り取りの差が食味に大きく影響する為です。又、遅れてしまうことも食味低下につながります。」稲の状態を見ていることでその後は電話でやり取りすることや、他の産地の情報を伝えることで少しでも良い状態で刈り取りを進めてもらいます。そのほか、昨年のコメの良い点悪い点、来年の土づくり・品種の選定様々な事を話しています。これらも田んぼ一枚づつで契約する為に出来る事ですが、走って田んぼに入り、走って田んぼに入り飲み会の毎日です。
毎年、秋田の農業試験場により新しい情報をもらったり意見交換や、新品種の栽培状況なども見てきます。今年は宮城の古川試験場にも少しの時間ですが寄らせて頂きました。
 

【9/7更新】スマホ対応HPリニューアルによる不備

いつも「お米のふなくぼ」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

8月中はスマホ対応によるHPリニューアルによりシステムの細部で不具合が生じ

ご迷惑をおかけ致しました。

現在の所解消されていると思われますが、ご注文その他で不備がございましたら

お手数ですがお知らせいただければ幸いです。

今後とも「お米のふなくぼ」をよろしくお願いいたします。

ホームページリニューアルのお知らせ

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
この度、お客さまにより便利にご利用いただくため、当サイトをスマホ対応にリニューアルいたしました。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、内容の充実を図ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

一部、入力ミスや画像がUPされない等の不備も有るかと思われますが、順次修正をして参ります。

28年産地視察

 
今年も、10日間3000km以上走り込んで産地視察に周りました。
 
多くの生産者・酒蔵さん・精米機メーカー・農研研究員の方お世話になりました。
 
 

お知らせ

H26年産地視察  

IMG_1076.JPGIMG_1321.JPGIMG_1398.JPG

IMG_1402.JPGIMG_1486.JPGIMG_1501.JPG

IMG_1528.JPGIMG_1366.JPGIMG_1152.JPG

 

●和食の海外向けパンフレットに日本のお米の良さをアピールIMG_20140224_133528.jpg

●クロネコヤマト宅配料値上げによる宅配業者変更のお知らせ 

宅配会社がゆうパックに変更されます。配送料だけ増税分と一部地域のみプラスとなります。

※27年産デビューのプロトタイプ(新品種)の先行販売やニューフェイス入荷しています。

 毎日新聞1.jpg 毎日新聞2.gif毎日新聞全国版 3連載

   

     毎日夫人1.jpg 毎日夫人2.jpg 毎日夫人3.jpg 毎日夫人4.jpg  毎日夫人掲載2013.11

 

海外向け和食PRパンフ

ユネスコ和食文化遺産登録のPRに少しだけ貢献しました。

IMG_20140224_133528.jpg IMG_20140224_133729.jpg
IMG_20140224_133641.jpg
和食の海外向けPRパンフレット【英語・フランス語・イタリア語】 が農水から発信されます。お米の紹介で当店もチョット協力させて頂きました・・・日本酒のように海外で評価される事で、日本のお米の価値が国内で再認識されればいいなと思います。

 

クロネコヤマト宅配料値上げによる宅配業者変更のお知らせ

いつも当店をご利用ありがとうございます。

3月1日よりクロネコヤマトより料金値上げの通知があり、お米のような重量物は1.4倍~2.5倍の値上げとなっております。これは増税に伴うものではなく、全国的にクロネコヤマトが料金改定をしているものです。

ここ数年配送トラブルや誤配送なども見受けられますが、時間指定やクロネコWAB決済等の事もあり3月中は現行のままの料金体系で発送させて頂きますが、準備が整い次第他の業者に以降の予定です。

全国の仲間から情報交換をして運送業者を決定したいと思っておりますが、どこも一長一短があります。又、全ての宅配業がそうですがお届けの担当者により態度が悪い、荷扱いが悪い等の評判は全てに言えるようで当店店としましても今までは運賃が高くてもサービスの総合的に良いヤマトさんを使ってきましたが、値上げ率が高すぎてとても当店で吸収する事が出来無い状態です。

現段階では、ゆうパックの利用が濃厚で料金も増税分程度となる予定です。移行に伴い、クロネコWabコレクトの使用ができなくなりますので、Wab即日決済に移行させて頂く事となります。

詳細が決まり次第UP致します。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解頂きますよう宜しくお願い致します。

お知らせ

 120×120.jpg

新米の入荷始まりました・・・

8月上旬まで順調だった生育も西を中心に台風や豪雨、全国的な日照不足で気温の高い曇天が品質を低下させています。

今年は品質低下した粒をかなり選別してはじく必要があると思われます。美味しくお届けする努力は田んぼの上だけでなく保管、精米でも引き続き行っい、ご満足いただける新米をお届けします。ブログで 宅配たた

 
IMG_20130222_133321.jpg

真空パックン始めました。

緊急時の保存用に、海外出張に1袋+30円 料金で受けたまわります。「1袋1kg~5kg迄」※永久保存ではございませんので、半年以内には食べて頂く事をお勧めします。(開封後は2~3週間程度で食べて頂ける量で袋詰めされていた方がより美味しいまま食べきれます。)

 

H25・24年産当店の放射能検査の方針

H26年産米当店の放射能検査の方針

福島会津に関しましては、これまで同様自治体検査に加え自主検査を生産者ごとにしております。

その他近隣の県に関しましては、1地域1サンプルのみ自主検査しております。

東北・関東隣接県は各自治体検査を参考とさせて頂いております。

●各自治体検査リンク先  長野県  新潟県  栃木県  山形  宮城  秋田  福島 

その他の地域  過去の検査において未検出な産地は26年産米より自主検査は行っておりません。

H25年産当店の放射能検査の方針 

関東・東北産地

過去に自治体・自主検査等において50bq/kg以上の検出があった地域のお米の取り扱いはしておりません。

●福島全県内 県の個別1袋づつの検査及び、各契約生産者の自主検査において未検出のお米をお取り扱いします。(23・24年土壌・水・稲・玄米において未検出である事が前提です。)

●その他東北・関東のお米  各県の自治体検査及び各生産者の自主検査1圃場おいて未検出を前提として取り扱います。 

●関東より西産地及び北海道に関しましては、各自治体検査・当店が出荷している企業様の検査で未検出ですので自店での自主検査はしておりません。

全量のお米を検査できればベストなのかもしれませんが、コストがかかり過ぎる為お米の代金に跳ね返ってしまいます。万一今後 原発において空中に飛散してしまう事故が起こった場合は方針を見直す事となりますが、現行では過去に5bq/kg限界値でのゲルマニウム検査において土・米共に未検出な物に関しましては取り扱いを致します。 

 

●H24年産当店の放射能検査の方針 

当店では、取扱いの生産者契約、地域指定のお米に関しては自治体検査とは別に、H23年産米は全ての産地のお米を第三者機関にて5Bq/kg限界値(国の基準は100Bq/kg)限界値 にて検査を実施し未検出のお米のみを取り扱ってまいりました。 

・H24年産米においては、関東より西の産地に関しましては23年産米で未検出の産地は自治体検査のみとさせていただいております。 「但し西日本産地でも企業に出荷しているお米は各企業の既定での検査を実施しております。」

・関東・東北各産地のお米に関しましては、本年も第三者機関(理研分析センター)においてゲルマニウム半導体検出器 5Bq/kg限界値にて検査を実施し未検出のお米のみを取り 扱っております。

関東・東北各生産者の玄米での測定結果は、各商品ページにUPしております。検出下限界値以下の記載が右の値に対し未検出という事です。例えば、セシウム-134は1.4Bq/kg限界値でも検出されなかったという事です。

会津米に関しては、福島県の全袋検査並びに、各生産者の自主検査、当店の生産者別自主検査と3度の検査を通ったお米が販売されております。

検査表は郵送が、11月5日頃の到着予定のため検査結果は出ておりますがUPはそれ以降となります。

安心は数値だけでは計り知れないことと思います。見えないものへのリスクを避けたいのも当然のことだと思いますが、農薬や環境汚染の見えないもの見たいして震災前から積極的に農薬を極力使わずに栽培してきた生産者の方たちのお米です。当店は、自主検査において未検出であれば今後も会津や東北・関東のお米を取り扱ってまいります。

例】

会津 山田.jpg