ホーム>お知らせ

お知らせ

新米続々入荷中【令和2年産】

長梅雨から一気に暑くなり35度前後が9月前半も続き登熟過程にストレスを受け全体的に小粒なお米が多い状況です。以前は、健全な根と茎であれば極力田んぼで長く熟させてアミノ酸を多く吸い上げ味ののったお米作りを目指してもらいました。今年は稲の状態を見て、契約産地の田んぼでは少し早めに刈り取りに入ってもらうように話しました。そうはいってもやはり新米は秋のご馳走です。楽しみにして下さい。

● 新米情報 

お米のふなくぼfacebook

まいぷれ江東区地域情報

※通販・店舗新米入荷一覧 

営業時間のお知らせ

営業時間短縮のお知らせ。

6月8日以降以下の時間で営業いたします。

●お米の配達10:00~18:30受付まで
●店舗 おむすび・惣菜・お米の販売
月~金曜日 10:00~19:30
土曜日   10:00~19:00
とさせて頂きます。
当面は店内飲食は中止・テイクアウトのみとなります。
ご不便をお掛け致しますが、従業員の時差出勤や配達・
店舗での感染抑制の為ご協力いただければ幸いです。
 
店舗対策(お米配達員対策)
●店内は3名以上とならない用、状況により外でお待ちいただくことが
ございます。申し訳ございません。
●お客様のご来店時マスク着用をお願いしております。
「従業員はお米の配達時もマスク着用をしております。聞き取りに
くい点などご不便をお掛けしております。」
●店内にアルコール消毒と、自動ドア、カウンター等は常時消毒して
おります。精米所・厨房も同様。
(配達員も車内に常にアルコールとマスクを常備しております。)
●店舗・精米所・お米倉庫全てに「カンファ水」を使用した加湿と
除菌を行っております。「ウイルス・カビ等の防止の点から以前より
衛生管理において使用しております。」
厚生労働省医薬食品局H16年8月25日発令
食安基発 0825001により 食品に用いることが出来る。
https://www.haccpper.co.jp/aboutcomfosy/comfosy.html
●店舗は飛散防止の透明スクリーンを張っております。

 

●  FB お米のふなくぼ

●  FB おむすび結庵 本日のメニュー他

 

●ネット通販

宅配便の状況により通常より1日プラスとなる事がございます。

遅延がないかぎり通常にお受けしておりますが、日により

注文の集中等により2~3日発送が遅れる可能性がございますので

着日には余裕を持っていただければ幸いです。

 

お米を余分に買いだめする動きがあるようですが、

少なくても今までご購入いただいているお客様の

お米は新米が収穫されるので農家さんと契約して

おりますので十分に持っております。

お米が傷んでしまうような1カ月以上のお米を余分に

購入することは控えて下さい。

「突然多くの方がいついつもの2倍のお米をこうにゅうす購入すれば

一時的にお米が棚から無くなるのは当たり前ですので・・・・・・」

2020228194445.jpg

【お問合せ】

※お米屋 03-3630-6608
 
おむすび店 03-6458-5470
 
月~金10時~20時 土曜19時閉店
 
 

増税(軽減税率)に伴うお知らせる

増税にともない送料が若干改定となっております。

実店舗でのキャッシュレス決済消費者還元は行っておりますが、ECでの

クレジット還元は決済会社に多額のシステム費を支払わないとシステム

利用が出来ないため行っておりません。

お米自体は軽減税率商品ですので8%ですが、肥料、農薬、燃料、物流

コストが上がっており、又生産者の減少と担い手不足、国の政策による

飼料米等への補助金政策等から短、中期的には今後やや値上がりすると

思われます。

ご理解いただければ幸いです。

産地視察に行ってきました。

10日間3,300km走って各産地を回って来ました。

豪雨・渇水・台風・秋雨前線停滞と何かと天候被害の多い今年です。

各産地より良い状態で刈り取りに入ってもらう為、新米入荷は少し遅れるかもしれません。

産地視察の様子は下記のfacebookに動画をアップしています。

●新米は瑞々しさと風合いを楽しむ時期。米の本来のおいしさは低温で実が締って脂の周る

刈取りから3か月後です。良質の米程旨みがのって来ます・・・

所さんお届けモノです!で当店の契約産地が紹介されます。

3月18日日曜日17時からの放送。

おむすび結庵 東京駅店 退店のお知らせ

2018年3月末日をもちまして、JRエキュートとの契約更新をしない方針としました。

3月31日をもちまして退店いたします。ご愛顧いただいているお客様には大変心苦しい思いもございますが

ご愛顧いただき本当に有難うございました。

詳細や今後の当店の展開などは4月3日以降に更新して参ります。

送料改定のお知らせ

2017年10月1日~宅配料金が値上がりし据え置いてまいりましたが、12月1日の受注より改定させて頂きます。

福島プラド

福島プライド CM 中央下段でやまだズの生産者がご覧になれます。

福島プライド こでらんにい やまだズ コシヒカリ 他ササニシキ・ゆうだい21も扱っています。

 

新米もほぼ出そろいました出揃いました・・・

お品書き一覧 「まだみにゅう未だ未入荷のお米もございます。」 

今年の新米は、日照不足の為でんぷんがシッカリと蓄積できていません。やや柔らかく炊き上がりますので水加減を減らして頂き、ご飯が柔らかくくっつき易いので炊き上がった後、直ぐにサックリと軽く、シャリ切りをして空気を含ませ余分な水分を飛ばして下さい。

 

新米入荷時期・産地視察報告

今年の新米入荷は1~2週間遅れますが、今年の天候の場合稲が元気であれば田んぼで少しでも登熟を進めないと、米に厚みがなく味ものらないため契約産地にはぎりぎりまで田んぼに寝かせておいてもらうことにしています。
28年産も少なくなり、新米まで販売停止をするお米も出てきております。ご迷惑をおかけしますがもう少しお待ちください。
 
西側では高温と豪雨、北陸より北ででは8月の日照不足と低温がひびき、生育は1~2週間遅れていました。田植え時期や品種によりやや異なりますが、8月の天候が悪いと穂に実がつく数やお米の粒の長さ、幅が細くなって一回り小さい粒となってしまいます。9月の天候回復により持ち直した部分もあのますが、9月は実った粒の胴回りが膨らむ時期の為この時期に粒数が増えるわけではない為収穫量はやや減ってしまう傾向です。 天候に恵まれた年では、お米の品質に努力をして技術の高い生産者とそうでもない生産者での食味や品質の差は小さくなりますが、天候の悪い年ほど良いお米と悪いお米の同一地域での生産者での品質の差は大きくなります。
毎年産地に回り何をしているかというと、生産者と顔を合わせて話すことが一番大切ですが、十数年前は基本的な土作りや肥料設計や乾燥調整に対しての品質向上など米作りのベースとなる技術を毎年ワンランクアップするよう積み重ねてきましたが、現在は付き合いも長く皆さんベースの技術は高い為、現在は今年のイネ「土、根、葉」と天候をみていつごろの刈り取りを適期としてコメを刈り取ってもらうかを話したり、「稲の状態と天候で1週間の刈り取りの差が食味に大きく影響する為です。又、遅れてしまうことも食味低下につながります。」稲の状態を見ていることでその後は電話でやり取りすることや、他の産地の情報を伝えることで少しでも良い状態で刈り取りを進めてもらいます。そのほか、昨年のコメの良い点悪い点、来年の土づくり・品種の選定様々な事を話しています。これらも田んぼ一枚づつで契約する為に出来る事ですが、走って田んぼに入り、走って田んぼに入り飲み会の毎日です。
毎年、秋田の農業試験場により新しい情報をもらったり意見交換や、新品種の栽培状況なども見てきます。今年は宮城の古川試験場にも少しの時間ですが寄らせて頂きました。