ホーム>お米のお話>これから期待の若手達>秋田県象潟 須田君
これから期待の若手達

秋田県象潟 須田君

 

suda1
【頑張ってる若手生産者応援米】地元の友達が、会社に就職する中、農業に真剣に取り組み続けている、若手の生産者達です。不景気なったから実家に戻ったんじゃない!農業が好きだからやってます・・・
suda11suda13 suda12

技術レベルも、経験もまだまだ当店のトップクラスの熟練生産者には及びませんが、情熱と行動力吸収の速さはサスガ。昨年のダメだしにもめげづに今年は「かなり上等な米が少量ですが出来ました。美味しいよ・・・」

秋田象潟の須田君のコシヒカリ。しっかりとしたコシと旨みのあるお米です・・・

suda23suda21

始めて須田君のお米を見たのは、親父さんの米でした。それから彼に逢ったときにとても目が澄んでいたのが印象的でした。「地域で同年代の仲間はみんな企業へ就職。お前が儲かったら俺も農業やろうかな・・・」と言われたそうです。その後、何故か米質が悪くなってきた。当店も取り扱いを中止しました。それから親父さんが農業からリタイヤ。全てを任されて始めた須田君のお米は良質米からはほど遠かった・・・。それからある時、酒を飲みながら色々な話をしました。<BR>
そして数年間のダメだしにもめげずに、何とかお客様に食べて頂けるレベルになりました。田んぼ視察ではまだまだダメだしをしていますが、これからモットモット彼の米は良くなってゆきます。