ホーム>ふなくぼ商店(お米・おむすび)>精米方法の違い>胚芽米
精米方法の違い

胚芽米

胚芽米P.jpg

胚芽米の色合いや残存は、品種・作柄で異なります。白米に近い為、消化吸収は良くしっかりと吸水する事で玄米でなくてもギャバも増えます。お米のビタミンの7割は胚芽に集中しています。欠点は保管での劣化が早い為、冷蔵庫保管をお勧めします。

胚芽精米.jpg