ホーム>お米のお話>精米状態の違い>粗挽き(1分づき)商品名「粗挽玄米」
精米状態の違い

粗挽き(1分づき)商品名「粗挽玄米」

GIが気になる方、玄米が上手く炊けない方に朗報です。

【メリット】 周りをほんの少し削っている為表示は精米となります。

圧力鍋でなくても炊けます。吸水時間も玄米より短く、電気炊飯器の白米通常モードで炊けます。「ギャバやアミノ酸を増やして栄養価をアップさせるなら6時間以上の吸水を・・・」

皮がきちんと破裂するので通常玄米より消化吸収に優れています。 栄養価は殆ど玄米同様で繊維質のみ10%前後少なくなります。

【デメリット】

玄米より保管には気を配って下さい。胚芽や分搗同様です。

食味に拘る場合は、モッチリ系統のお米をお選び下さい。

粗挽きP.jpg

玄米炊飯は、吸水がしにくく圧力なべなどで炊かないとぬか層が破裂しない消化吸収を損なってしまいます。その為、通常の釜の玄米炊飯モードで炊けるよう少しキズを付け吸水しやすくしています。少し強めに研いで十分に吸水させてから炊いて下さい。保管はぬか層の脂肪が残っている為、劣化が速いので冷蔵庫での保管をお勧めします。 

粗挽き精米.jpg