ホーム>お米のお話>過去の産地情報>23年産地視察
過去の産地情報

23年産地視察

IMG_0431.JPG

今年は、契約生産者の方達の想いと信頼を今更のようにヒシヒシト感じた産地視察でしたcrying

2013 産地視察終了。この数年の熱波の産地視察から、今年はとんでもない豪雨と熱波の9月でした。正直、多くの地域を車で移動しながら見ていると全体として今年 のお米の品質は非常に落差のある物となりそうです。精米、選別の技術が進んでいるので皆さんが目にするお米は一見綺麗かもしれませんが、食べてみると何と なく美味しくないといものも全国的には多く出回るかもしれません。

IMG_0372.JPG

今年心配なのが、秋田の富田君のひとめぼれ!10年目にして全量買い上げているお米の一つ。今年の春に銀座の高級店も使ってくれているのに。稲姿と茎の状態が今一つだったんだよな・・・pout

こ れから、新米が続々と入荷してきます。これから私は、炊飯テストの連続となってきます。今年、新たな品種も一部お目見えすると思いますが「圃場周りをして 良いと思った米が、極上食味であり。又、今一つかなと思った米をどう保管してどう精米するかが、手間暇かけて育ててくれた生産者の方達へ私が出来る事で す。 当店の契約生産者の方達のお米が全て極上となるのはなかなか難しい事ですが、少なくても僕が毎年サンプルを含め100以上のお米を食べて来たなかで トップクラスだと思います。

IMG_0509.JPG

実は、この象潟のコシヒカリは市場には皆無と言っていいほど出回らない。4年間、今一つの出来で封印してきましたが今年の稲は良かった。期待大secret

IMG_0534.JPG

チョット前までは、最上と云ったら山形でも最下位ランク。この鮭川沿いの一部圃場は土壌が違う。今年はチョット雨にやられましたが・・・

IMG_0436.JPG

某こだわり飲食店が、魚沼の米から当店に変えてくれたのが野沢の無農薬米。正直高いが旨いのも事実。