ホーム>飲食店オーナー様へ(業務用米)お米プロショップ>飲食店様へのフォロー>どんなお手伝いフォローをするのか?
飲食店様へのフォロー

どんなお手伝いフォローをするのか?

1)どんなお店の形態か?「客席数・営業時間・料理内容やご提供の仕方・炊飯設備・炊飯量etc」

2)現在使用のお米や炊飯での悩み

3)理想とするご飯の提供の仕方・味・1杯当たりの単価等

4)これから開業するが、炊飯器具もどんなお米が良いかも決められていない

等々、上記のような内容をまずお聞かせ下さい。

 

これから開業の場合

●当店にご来店頂き、3~5種類のお米を同条件で食べ比べて頂いたり、炊飯器具での違いやその他を食べて頂きご飯の方向性を確かめさせて下さい。

「例えば、鮨屋さんなら昨年は3件の新規さんのシャリ合わせをさせて頂きました。当然数種の米での違いで酢合わせ。合わせ酢が決まっていなければ再度絞った中のお米でシャリ酢合わせ。現場での炊飯器具が決まっていなければ、厨房設計の炊飯配置や炊飯器具の種類によってのメリット・デメリット。保温時間や保温方法等々。厨房が立ち上がれば現場での炊飯テストにも立ち会います。」

既存店の場合

●お店に電気炊飯器を持ち込ませて頂いて食べ比べをして頂く。「当然ご来店頂いてもOK」

現在の炊飯状況やお米・ご飯を見させて頂き出来る事からの改善点をお話しさせて頂きます。

スタッフがたとえ残りご飯でも賄をおいしいと思ってくれないと、お客様に勧めにくいものです。残りご飯の保存から、翌日使用できるご飯の使い方。忙しい日での対応や注文を受けて炊く小釜の炊飯方法まで「同じ業種の飲食店さんでも厨房の広さ、営業時間、炊飯量様々に条件が異なりますので現場を見てそれぞれに可能な限りホォローさせて頂きます。」当然お取引開始後の、季節での注意点もその年の天候などの状況から情報をお伝えしたり、作柄産地情報や炊飯トラブル等の対応なども致します。

 

仲卸

●炊飯の講習会やおむすび講習会、季節の炊飯の注意等の原稿作り、wbでのお手伝いやPB米作りのお手伝い。

その他ご相談ください。